10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

 か す み

Author: か す み
かすみです。明石市在住、助産師してます。代々お産婆家系。年子のため混合栄養で大きくなりました。妊娠中のプレママさん、母乳育児、子育て中のお母様とお子様を心から応援しています!※ブログでの育児相談には対応していません。

フリーエリア

「桶谷式」について

詳しくはこちらをご覧下さい↓

FC2カウンター

ご訪問ありがとうございます

妊娠中から準備する方へ!

ブログ内検索

お探しの言葉を入力して下さい! ※検索ワードは1個ずつお願いします。

カテゴリー

最新コメント

お買い物

ベビー、キッズ、マタニティー商品を集めてみました。

お勧めグッツ

月の様子

Live Moon ブログパーツ
Special Thanks to 注文住宅

フリーエリア

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

塩の致死量

2017.07.12 15:03|補完食(離乳食)
2017年7月9日七夕 
久しぶりの桶谷さんの集まり、京都のI先生の差し入れはいつも素敵♡

昨日、仕事上がりに患者さんから頂いた一粒の塩飴がびっくりするくらい美味しくて、『私ってもしかして脱水なの?』とか思いつつ、『水分だけじゃなく電解質の補給もちゃんとしないとな〜』と。それにしても塩飴、美味しかったな〜。

塩飴の塩つながりで、昨日は何人かのお母さんと、1歳の女の子に食塩を混ぜた液体を飲ませ、塩化ナトリウム中毒で死亡させたとして、元保育所経営者の女が逮捕されたというニュースが、話題にのぼりました。皆さん一様に「たったティースプーン1杯のお塩が致死量になるなんて!」と仰ってました。

洗剤、化粧品、医薬品、タバコ、ボタン電池などの誤飲事故はわりと頻繁に耳にするので注意されてるご家族が多いけど、塩や醤油みたいな食品に関してはガードが甘かったり、そもそも危険な物と思ってもらっしゃらない方もおられるのかな?

塩(塩化ナトリウム)の致死量に関しては、公益財団法人・日本中毒情報センターが公開している情報によると、0.5〜5g/Kgとなっているので、体重10Kgの子どもだと5〜50g、これだと幅が広過ぎるので下限の数字をとって5g、塩5gは小さじ1杯です。小児の臓器はまだまだ成長過程で完成している訳ではないので、特に注意が必要です。

補完食の指導の際には、0歳児にファストフード店でポテトを食べさせる親、0歳児にラーメン屋で自分が食べた残りのスープをすすらせる親、どちらもかすみが見掛けた親子の話を時々するんだけど、小さい内からなるべく薄味で!塩、醤油やソースなどの塩分を多く含む調味料に関しては、具体的にどれくらいまで注意が必要かお話ししています。

そんな話をすると、食事から摂取する量にあまりにも神経質になられる家族がおられるけど、注意が必要なのは、悪魔でも突発的な誤飲事故です。

かすみが過去に遭遇したケースでは、ばあちゃんちに遊びに来た際、食卓に置いてあった鯖のヘシコを一気食いしてぐったりして運ばれて来た幼児がいました。ヘシコ…知ってます?あれは保存食で塩の塊だもんね(涙)塩その物でなくても、塩を大量に使った保存食などには注意してね。食卓に出しっぱなしの醤油差し、床に置きっぱなしの買い置き調味料も注意して下さい。

前述の公益財団法人・日本中毒情報センターのHPは、かすみがご家族から誤飲の相談を受けた際に、先ずはのぞきに行くサイトです。中毒110番は24時間対応で一般の方も利用可能なので、ぜひ登録されておかれると良いかと思います。ご参考までに。

にほんブログ村 子育てブログ 母乳育児へ

↑↑ここをポチッと押してね↑↑

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。