08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

 か す み

Author: か す み
かすみです。明石市在住、助産師してます。代々お産婆家系。年子のため混合栄養で大きくなりました。妊娠中のプレママさん、母乳育児、子育て中のお母様とお子様を心から応援しています!※ブログでの育児相談には対応していません。

フリーエリア

「桶谷式」について

詳しくはこちらをご覧下さい↓

FC2カウンター

ご訪問ありがとうございます

妊娠中から準備する方へ!

ブログ内検索

お探しの言葉を入力して下さい! ※検索ワードは1個ずつお願いします。

カテゴリー

最新コメント

お買い物

ベビー、キッズ、マタニティー商品を集めてみました。

お勧めグッツ

月の様子

Live Moon ブログパーツ
Special Thanks to 注文住宅

フリーエリア

安井眞奈美「怪異と身体の民俗学」と私事いろいろ

2016.06.12 18:32|書籍・映画


今ではお腹の中に胎児さんを残したまま亡くなる妊婦さんって、滅多にいるもんじゃない。帝王切開も未だ100年ちょっとの歴史しか無くって、もっともっと昔には、もうどう仕様も無くって母子共に亡くなっていた時代に、その様な妊婦さんがどの様に埋葬されていたか?興味深かったです。

抜けた乳歯の扱いの今昔、かすみは上の歯は屋根の上に「ネズミの歯が生えて来い」と唱えながら放り、下の歯は軒下に(台詞は無かったと思う)投げ込んだのを覚えていますが、皆さんはどうでした?何人かのお母さんに質問してみましたが、皆さん関西圏出身だったからか?かすみと同じでした。

以前「胎盤ネタあれこれ」を書いた時、お友達のmadamヤンは、インドネシアでは前庭に埋めるんだと教えてくれました。インドネシアだけの風習だと思っていたら、何と何と日本も昔そうしてた時代があったのです。知らなんだわ〜。今は通称「胎盤屋さん」が回収に来てくれて、持ち帰って処理してくれます。

今はこれで当たり前と思うことでも、四半世紀も経つと「昔はそうだったんですね〜」とか言って、驚かれることもあるんだろうな。

この本、助産師的にはかなり面白かったです(^ー^)v



先週は麻央さんの乳がんのニュース、ビックリしましたね。海老蔵さんが白髪だらけになっててビックリしました。北斗晶さん以降、予約の取り難い状態が続いていた乳腺外科だけど、またまた予約が取り難くなりますね。気になる場合は早め早めに行動ですね。

明石市民病院の次は、神戸掖済会が分娩取り扱い中止をHP上で発表しました。6月、7月は加古川西市民病院と東市民病院が新病院移転のため、診療制限しています。

今週かすみ助産院は満10歳になりました。あっと言う間です。

テレビではコウノドリ先生こと荻田和秀先生が、プロフェッショナルに出演されてました。熱い熱い先生だわ〜。再放送は15日深夜です。



にほんブログ村 子育てブログ 母乳育児へ

↑↑ここをポチッと押してね↑↑


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント