10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

 か す み

Author: か す み
かすみです。明石市在住、助産師してます。代々お産婆家系。年子のため混合栄養で大きくなりました。妊娠中のプレママさん、母乳育児、子育て中のお母様とお子様を心から応援しています!※ブログでの育児相談には対応していません。

フリーエリア

「桶谷式」について

詳しくはこちらをご覧下さい↓

FC2カウンター

ご訪問ありがとうございます

妊娠中から準備する方へ!

ブログ内検索

お探しの言葉を入力して下さい! ※検索ワードは1個ずつお願いします。

カテゴリー

最新コメント

お買い物

ベビー、キッズ、マタニティー商品を集めてみました。

お勧めグッツ

月の様子

Live Moon ブログパーツ
Special Thanks to 注文住宅

フリーエリア

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高血圧と母乳育児

2016.03.28 18:29|乳房トラブル
2015年10月22日Rくん
 (写真と本文は関係ありません)

血圧が急激に高くなって降圧剤を使ってお産したり、産後も内服でコントロールされてたりすると、やっぱり安静と休養が第一なので、対極にある赤ちゃんのお世話や授乳は極力控えてもらって、先ずは血圧を下げて早くに退院出来るようにしましょう、赤ちゃんは入院中は私たちがしっかりお世話しますから、と言うのが病院ではMastな対応なのかと思います。

でも入院中のお母さんは、他人に任せっぱなしで何にもしてやれない、おっぱいもパンパンに張ってくるのに飲ませてやれない、本当に血圧がちゃんと下がって退院出来るんだろうか、こんなで退院した後、ちゃんとやっていけるんだろうか…不安でいっぱい。

光刺激、音刺激を極力セーブしたお部屋で、面会も厳しく制限されて、兎に角一日中寝てなさいって言われると、気が滅入って終って当然。「何の地獄かと思った」と仰る方もおられたし、入院中シクシク泣いて過ごされるお母さんは何度も見掛けてきました。

程度にもよるけど、それならそれでベットサイドまで赤ちゃんを送迎してあげるとか、起き上がらなくても添い乳できる体制に整えてあげるとか、直接授乳が済めば瓶哺乳は変わってあげるとか、ダラダラ授乳せず休む時間をちゃんと設けてあげるとか、血圧が落ち着くまではミルクの力も借りながら、それでも母乳が枯れて終わないようなアドバイスをしてあげるとか。

何にもさせずに退院させて仕舞うと、皆んなが皆んな退院したらサポート体制万全の場所に戻るわけではないし、入院中にしてやれなかった後ろめたさや焦りから、必要以上に頑張り過ぎたりするお母さんもいるね。そして血圧がなかなか落ち着かない…みたいな。

週末にお会いした方もそうでした。入院中は一度もおっぱい飲めなくて、でも、かすみの所で初めて飲めて、帰宅した後も飲み続けられて。次の日お会いしたら、産後の血圧が一番低かったと仰ってました。前日に助産院にお出掛けして、夜間も授乳してたのに。不安が軽減できたからかな?オキシトシンの作用だろうか?授乳に関わるオキシトシンと言うホルモンは、血圧を下げる作用もあります。彼女は未だ予断は許さないけど、でも良かったです。何週間か前にも確かそんな人がおられたな〜。

最近でこそ母乳と薬への理解が深まってきて、降圧剤を飲んだら授乳禁止とまでいうドクターは減ってきたけど、安静に出来ないから鼻っから母乳育児を奨めないっていうドクターや助産師は未だにいて、それで悶々としているお母さんには時々お会いしますよね。辛いよね。

母乳育児を長く続けられれば、将来的な高血圧のリスクを下げる効果もあると、そんなことを書いてる読み物を目にすると、希望される方は想いが叶えば良いなと思います。


にほんブログ村 子育てブログ 母乳育児へ

↑↑ここをポチッと押してね↑↑




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。