08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

 か す み

Author: か す み
かすみです。明石市在住、助産師してます。代々お産婆家系。年子のため混合栄養で大きくなりました。妊娠中のプレママさん、母乳育児、子育て中のお母様とお子様を心から応援しています!※ブログでの育児相談には対応していません。

フリーエリア

「桶谷式」について

詳しくはこちらをご覧下さい↓

FC2カウンター

ご訪問ありがとうございます

妊娠中から準備する方へ!

ブログ内検索

お探しの言葉を入力して下さい! ※検索ワードは1個ずつお願いします。

カテゴリー

最新コメント

お買い物

ベビー、キッズ、マタニティー商品を集めてみました。

お勧めグッツ

月の様子

Live Moon ブログパーツ
Special Thanks to 注文住宅

フリーエリア

いつまでも軟便が続く?

2015.10.17 00:09|補完食(離乳食)
2015年9月30日ぶどう 
果物が豊富なこの季節が好き!

完全母乳の赤ちゃんの便は、混合や完全ミルクの赤ちゃんのそれと比べると、基本的に柔らかくて量は少な目なことが多いです。

それを良く皆さん、『お腹が緩いのではないか?』『下痢をしてるのではないか?』と心配されますが、下痢かどうかの判断は、臭い(酸っぱい臭いがするよね)、色、量、回数、お尻の被れ様、顔色、体力、機嫌、食欲なども加味して判断します。いつまでも柔らかい便が続く場合、次の様なことをお母さんと一緒に考えたりもします。

①それでもやっぱり、お腹の風邪を引いているのかな?

②乳糖不耐症の可能性?
乳糖不耐症かどうかは、便のpHを測る「クリニテスト」で診断します。乳糖は赤ちゃんへのエネルギー供給の40%を占めるので、長期間に渡って下痢が続く、尚且つ体重の増えも悪い場合は注意が必要ですが、だからと言って母乳を辞めて終う必要はありません。乳糖を分解して消化吸収を良くする薬を内服することもあります。

③食物アレルギーの可能性?

④補完食の形状、食材の内容がいつまでも赤ちゃんのまんま?
口にする食材の内容が増える程に、大人の様なまとまった形の便に変わっていくものです。いつまでも赤ちゃんだけ別メニューではなく、発達の様子を観ながら取り分け補完食でどんどん進めていくと良いですよ。

下痢でもないのに「下痢だ、下痢だ」と、深刻に思い悩まれてるお母さんに時々お会いするんだけど、結構④番な理由のことが多いですよ。


にほんブログ村 子育てブログ 母乳育児へ

↑↑ここをポチッと押してね↑↑



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント