10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

 か す み

Author: か す み
かすみです。明石市在住、助産師してます。代々お産婆家系。年子のため混合栄養で大きくなりました。妊娠中のプレママさん、母乳育児、子育て中のお母様とお子様を心から応援しています!※ブログでの育児相談には対応していません。

フリーエリア

「桶谷式」について

詳しくはこちらをご覧下さい↓

FC2カウンター

ご訪問ありがとうございます

妊娠中から準備する方へ!

ブログ内検索

お探しの言葉を入力して下さい! ※検索ワードは1個ずつお願いします。

カテゴリー

最新コメント

お買い物

ベビー、キッズ、マタニティー商品を集めてみました。

お勧めグッツ

月の様子

Live Moon ブログパーツ
Special Thanks to 注文住宅

フリーエリア

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

乳頭混乱

2015.03.07 13:31|乳房トラブル
2015年2月7日眠たい

乳頭混乱で上手く乳首に吸い付けないお母さん、やっとくわえてくれる様になったと思いきや、嬉しくて嬉しくて、一度外して終うともう次は二度と無いんじゃないかと思って、ついつい長時間になりがち。

初産婦さんで乳首が硬かったり、経産婦さんでも母乳育児の経験が無かったり極々短期間だったりすると、初産婦さん並に硬いです。陥没、偏平、短乳頭だったり、パンパンに腫らしてしまってたりすると、飲んでくれる様になったは良いけど、次にかなりの高確率で待ち構えているのは乳首痛です。せっかく飲める様になったのに、痛くて飲ませられない…

勿論そうならない様に、予め飲める様になった時に注意することもお伝えしておくんですがね。

「痛みが治るまでは直接授乳をお休みして搾乳で凌いで、傷が治ったら再開しましょう」と言うアドバイスも良く耳にしますが、せっかく赤ちゃんがお母さんの乳首を吸う感覚を取り戻してくれたのに、お休みしてる間にまた元の木阿弥になるのはとっても残念。

だから、傷の程度にもよりますが、出来れば授乳を継続しながら傷の回復を待ちたいところです。あの手この手をお母さんと一緒に考えますし、桶谷式手技もその一助になります。

そしてこの痛みは、母乳分泌量がアップするに従って軽減していくことが多いです。

「飲めるようになった時に赤ちゃんは物凄い勢いで必死に吸おうとするから、その時におっぱいがしっかり出るようになってるのと、そうでないのとでは、乳首の痛み方が随分と違うんだよ!だから直接飲めなくても、その日に備えて搾乳はしっかりして、分泌を絶やさない様にしておこうね!」と。

写真は先月、生後5日目と6日目で受診してくれた乳頭混乱の赤ちゃん達。1ヶ月経って今ではしっかりお母さんのおっぱいを飲めてます。お母さんは2人共、お会いする度に「良い笑顔」が増します。幸せそう。


にほんブログ村 子育てブログ 母乳育児へ

今日は何位かな?ワンクリック↑お願いします。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。