04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

 か す み

Author: か す み
かすみです。明石市在住、助産師してます。代々お産婆家系。年子のため混合栄養で大きくなりました。妊娠中のプレママさん、母乳育児、子育て中のお母様とお子様を心から応援しています!※ブログでの育児相談には対応していません。

フリーエリア

「桶谷式」について

詳しくはこちらをご覧下さい↓

FC2カウンター

ご訪問ありがとうございます

妊娠中から準備する方へ!

ブログ内検索

お探しの言葉を入力して下さい! ※検索ワードは1個ずつお願いします。

カテゴリー

最新コメント

お買い物

ベビー、キッズ、マタニティー商品を集めてみました。

お勧めグッツ

月の様子

Live Moon ブログパーツ
Special Thanks to 注文住宅

フリーエリア

母乳育ちの赤ちゃんの腸内細菌叢

2015.02.24 21:27|ヘルスケアー
2015年2月4日Rちゃん 

週末に観たNHKスペシャル「腸内フローラ 解明!驚異の細菌パワー」が、すんごく面白かったです。腸の中に住んでる細菌叢が出す様々な物質が、健康や美容に多大な影響を及ぼしているという内容です。水曜日の深夜に再放送されるから興味のある方は観てね!

身近で理想的な腸内細菌叢の持ち主、それは母乳で育っている赤ちゃんです。母乳栄養児の腸内細菌叢は善玉菌優勢です。生後1日目の赤ちゃんの腸内には、既に乳酸菌が認められるそうですよ。

お腹の中では無菌状態で育っていた筈の赤ちゃんが、どこでその乳酸菌を貰ったかと言うと、それはお母さんの膣を通ってこの世に産まれ出て来る最中に貰ったものかも知れませんし、早期母子接触(カンガルーケアー)の際中にお母さんの皮膚に付着していたものかも知れませんし、それより何より母乳の中には豊富に含まれています。そして、母乳中には乳酸菌の餌となる糖類がたくさん含まれているので、確実に腸に定着し始めます。

臍帯をカットした後、赤ちゃんが元気なら先ずはお母さんの胸の上に抱いて欲しいのは、赤ちゃんが貰うのは乳酸菌だけでなく、善玉菌も悪玉菌も含めたあらゆる細菌です。ここで助産師や医師がこてこて赤ちゃんを触っている間に、私たちの細菌叢を赤ちゃんに植え付けてしまうことになります。馴染まない他人の細菌叢より、これから生活を共にするお母さんやお父さんの身近な細菌叢を貰った方が、より健康の為には良いからです。

乳酸菌などの善玉菌優勢でいることで、消化吸収を助け、免疫細胞の形成を促し、病原菌の繁殖を抑えてくれます。母乳育ちの子は風邪を引き難くて強いと言われる一因です。

最近とある事情で完全母乳→100%人工乳にする必要のあったママが、「母乳を飲まなくなった途端に、ウンコが黄金色から緑色になって、母乳と人工乳でこうも違うのかってびっくりしたよ」と教えてくれました。混合栄養のお母さんが徐々に人工乳を減らす過程で、必ずウンコの状態が緩くなるのを心配されますが、「下痢ではなくて、母乳を良く飲めてる証拠だよ!」とお話します。人工乳がどれだけ改良されても、やっぱり母乳とは違うんですね。

大人が食生活で腸内細菌叢を変えるのは長い時間と努力が必要ですが、母乳しか飲まない時期の赤ちゃんは、易々とその状態を保つことが出来るんですもんね。本当に羨ましいです。

追記、今日こんなこと書いてたら、夜泣き対策で乳幼児用の乳酸菌サプリ「チャイルドヘルス®バイオガイア社」が4月から発売されるって言う話を見掛けました。夜泣きの原因は腸内細菌のバランス形成不全による激しい腹痛であることより、乳酸菌で腸内環境を改善し、夜泣きを軽減させようと言う薬だそうです。夜泣きの原因はそれだけでは無いとは思いますが、うちの助産院では夜泣き相談って本当に少ないんです。母乳をたくさん飲んで乳酸菌優勢な状態でいるのも、理由の一つなんでしょうね。



にほんブログ村 子育てブログ 母乳育児へ

今日は何位かな?ワンクリック↑お願いします。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント