08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

 か す み

Author: か す み
かすみです。明石市在住、助産師してます。代々お産婆家系。年子のため混合栄養で大きくなりました。妊娠中のプレママさん、母乳育児、子育て中のお母様とお子様を心から応援しています!※ブログでの育児相談には対応していません。

フリーエリア

「桶谷式」について

詳しくはこちらをご覧下さい↓

FC2カウンター

ご訪問ありがとうございます

妊娠中から準備する方へ!

ブログ内検索

お探しの言葉を入力して下さい! ※検索ワードは1個ずつお願いします。

カテゴリー

最新コメント

お買い物

ベビー、キッズ、マタニティー商品を集めてみました。

お勧めグッツ

月の様子

Live Moon ブログパーツ
Special Thanks to 注文住宅

フリーエリア

7、8人に一人が産後うつ状態に!

2014.11.18 15:41|プレママさんへ
2014年10月28日Kくん 
母子手帳、美味し!(※写真と本文は関係ありません)

今時、出産を経験した7、8人に一人は、産後うつ状態を経験すると言われています。

産後に理由も無く涙が止まらない、疲れている筈なのに眠れない、食欲不振、やる気が起こらない、孤独感、普段なら気にもならないであろう周囲の人の些細な言動に傷付く等々。

自分は絶対に大丈夫と思っている方でも、「7、8人に一人」と言う割合を聞くと、決して他人事では無く自分にも起り得ることとして、真剣な表情でお話を聞いて下さいます。

ちょっと前までは「妊娠中はボディーイメージは崩れる一方だし、日常生活には制約されることが多いし、我慢のし通しの妊婦さんには、産後くらいHappyなイメージを抱いてて貰った方が良い!」みたいな風潮で、医師も助産師も余り触れて来なかったんです。それに「退院してしまったら後は地域でお願い!」みたいな所もあって、病院ではサラッとしか触れない。

地域では、1ヶ月健診までは病院でフォローされて当然だと思われがちだし、マンパワーが十分で無い所に持って来て、リスクの高い人から順番にってことになると、自分で声を上げられない人は必然的にケアーが届くまでに時間が掛かる。そうなると、実際に面会が叶った時には、既にうつ状態に陥っていたりして予防効果は薄い。良く皆さん仰るのは、「家庭訪問に来てくれた時には、既に一番しんどい時は脱していた!」みたいな感じ。

笑い話なんですが、「本当に一番しんどい時に、民生委員のおじさんが困ったことがあったら連絡して来てね!」って訪ねて来てくれたけど、おじさんに自分の心身の不調を語る気にはなれず…あれが助産師さんか保健師さんだったら良かったのにな〜」なんて話は、度々お伺いします。そのタイミングなんですよね…お母さん達が助けが必要なのは。

産後のケアーを充実させるべく力を入れている病院もあるし、お住まいの地域によって随分と状況が異なるので、妊娠中に情報収集しておくと良いですよね。

そんなに高い割合で発生するって判っているなら、妊娠中から知らせて欲しかった。予め知っていれば、事前に備えることが出来たかも知れないし、うつ状態の程度も軽くで済んだかもしれない。産後の方から良くお伺いするそんな声が、産前の方にももっともっと届けば良いのにと思って書いてます。


にほんブログ村 子育てブログ 母乳育児へ

今日は何位かな?ワンクリック↑お願いします。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント