08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

 か す み

Author: か す み
かすみです。明石市在住、助産師してます。代々お産婆家系。年子のため混合栄養で大きくなりました。妊娠中のプレママさん、母乳育児、子育て中のお母様とお子様を心から応援しています!※ブログでの育児相談には対応していません。

フリーエリア

「桶谷式」について

詳しくはこちらをご覧下さい↓

FC2カウンター

ご訪問ありがとうございます

妊娠中から準備する方へ!

ブログ内検索

お探しの言葉を入力して下さい! ※検索ワードは1個ずつお願いします。

カテゴリー

最新コメント

お買い物

ベビー、キッズ、マタニティー商品を集めてみました。

お勧めグッツ

月の様子

Live Moon ブログパーツ
Special Thanks to 注文住宅

フリーエリア

産前のお手入れは本当に必要無いのか?

2014.09.17 20:59|乳房トラブル
2014年8月11日吹いても吸っても鳴る 
※写真と本文は関係ありません

今現在、ユニセフ/WHOでは、たとえ陥没乳頭であっても、産前のお手入れは推奨していません。陥没乳頭の方が妊娠中にブレストシェルをつけたり、乳頭マッサージをすることは、「母乳育児の成功に有効であると言う証拠は示されていない」、とされています。

 

と言う訳で、このユニセフ/WHOのガイドラインが母子を支える医療従事者に周知されてなのか…それともお産できる病院の集約化で益々病院が忙しくなって、産ませて終ったらおしまいで、産後のことは家族や保健センターにお任せで、母乳指導どころじゃなくなったからなのか…そんな病院ばっかりではなくって、ちゃんとした病院もあるんですが…

かすみの住む近隣では、妊娠中に乳首や乳房のマッサージなどのお手入れを指導されない、そんな病院が殆どです。一方で、未だにせっせと妊娠中のケアーを推奨している病院もあって、情報が混在するところですね。

「切迫早産でお腹が張りがちだった為に、妊娠中のケアーを止められていたので産後に母乳が出ないんだ」とか、「妊娠中に頑張っていたら、産後にこんな苦労はしなかったのではないか」とか、いろいろ懺悔の言葉を聞きますが、そればっかりでもありません。

「実際にどうなんですか?本当に妊娠中のお手入れは意味がないのか?意味があるのか?」と、良くプレママさん達に質問されます。正直な所、半々かな。

いかに「産後早期から頻回にタイミング良く上手に飲ませられるか」がポイントなので、これをクリアー出来れば何の問題も無くスムーズに事が運ぶ方もおられます。そんな方なら、態々妊娠中に「乳首の形が悪いから、もしかしたら母乳育児につまずくかも知れない」みたいな、そんな悪い先入観を植え付ける必要はありません。と言う意味では、妊娠中のお手入れは必要無いと思います。

でも実際問題、そんなスムーズに事が運ぶ方ばかりでは無いので、そんな方は、陥没や扁平乳頭で産後早期から直接飲ませられなくても、それならそれ也の対処法はありますよって事は、妊娠中に知識武装しておいても良いと思います。

『産後早期は無理でも、いずれ数週間、数ヶ月経って直接飲める様になればOK』くらいの気概で、飲めるようになった時に赤ちゃんが満足出来る豊富な分泌量を維持出来ているように。その為には、ちょっとだけ妊娠中に母乳分泌のメカニズムを知ったり、お手入れや搾乳などのセルフケアーの手技習得の為にお手入れしておくのは良いのかも。

今、何人か関わっている直接授乳困難なお母さん達。妊娠中にどう考えたって自分の乳首を赤ちゃんが吸う事は出来ないと思って病院の助産師さんに相談したら、「お産が終わってからで十分間に合いますよ」で済んで終って…実際に産んでみたら、哺乳瓶を渡されて放置状態。退院後早々にお会いする事が出来たのは、妊娠中に連絡を下さっていたお陰です。

「産前のお手入れは100%必要無い!」とは言い切れない。かすみはそう思います。

にほんブログ村 子育てブログ 母乳育児へ

今日は何位かな?ワンクリック↑お願いします。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント