03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

 か す み

Author: か す み
かすみです。明石市在住、助産師してます。代々お産婆家系。年子のため混合栄養で大きくなりました。妊娠中のプレママさん、母乳育児、子育て中のお母様とお子様を心から応援しています!※ブログでの育児相談には対応していません。

フリーエリア

「桶谷式」について

詳しくはこちらをご覧下さい↓

FC2カウンター

ご訪問ありがとうございます

妊娠中から準備する方へ!

ブログ内検索

お探しの言葉を入力して下さい! ※検索ワードは1個ずつお願いします。

カテゴリー

最新コメント

お買い物

ベビー、キッズ、マタニティー商品を集めてみました。

お勧めグッツ

月の様子

Live Moon ブログパーツ
Special Thanks to 注文住宅

フリーエリア

「境界を生きる」毎日新聞社

2014.08.09 08:44|書籍・映画

性別のあり方、感じ方は、人によって本当に夫々だと思います。

性的マイノリティーの方々の声や書かれた物に、以前より触れる機会が増えて、今回もこの「境界を生きる」と言う書籍を読んでみて…

『男性か女性かを出生時に外性器の特徴だけで判断して仕舞って、本当に良いのかな?』『もし違った場合に、もっと柔軟に対応できる仕組みも必要なんじゃないかな?』、と思ったのでした。

助産師してると、半陰陽、つまり外性器からは男性とも女性とも判断が付かない赤ちゃんに出会う機会はあります。

産科だけでは対応できないので、詳しく検査して診断が出来る医師がいて、その後の治療やフォローも出来る、より高度な病院に掛かられるので、その後どうなるのか?どう暮らしてらっしゃるのか?は殆ど知りません。

その点に関してこの本の中に、母校で教鞭をとってる先生の名前も見掛けたので、これまた母校に残ってる同期に会う機会があったら聞いてみようかな。


にほんブログ村 子育てブログ 母乳育児へ

今日は何位かな?ワンクリック↑お願いします。




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント