05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

 か す み

Author: か す み
かすみです。明石市在住、助産師してます。代々お産婆家系。年子のため混合栄養で大きくなりました。妊娠中のプレママさん、母乳育児、子育て中のお母様とお子様を心から応援しています!※ブログでの育児相談には対応していません。

フリーエリア

「桶谷式」について

詳しくはこちらをご覧下さい↓

FC2カウンター

ご訪問ありがとうございます

妊娠中から準備する方へ!

ブログ内検索

お探しの言葉を入力して下さい! ※検索ワードは1個ずつお願いします。

カテゴリー

最新コメント

お買い物

ベビー、キッズ、マタニティー商品を集めてみました。

お勧めグッツ

月の様子

Live Moon ブログパーツ
Special Thanks to 注文住宅

フリーエリア

中国の産後専門家政婦「月嫂」

2014.06.17 00:00|ヘルスケアー
2014年5月21日Yさん親子 

以前、中国の産後の風習「坐月子」(ズオユエズ)のことを書きました。中国にはこの期間に、褥婦と新生児のお世話をする産褥専門の家政婦がいて、「月嫂」(ユエサオ)さんと言うそうです。

いつも相談に来て下さる上海出身のお母さんが、「かすみさんなら中国語には直ぐに適応出来そうだし、専門の資格も持ってるし、母乳育児に詳しいし、料理も上手だから、きっと中国なら高給取りの月嫂さんになれるよ!」と、いつも冗談を言われます。中国で月嫂さんとして正式に働く為には資格がいるようなので、かすみが中国で働ける筈もなく…だから冗談なんですけどね。

月嫂さんのレベルはピンキリだそうで、料金はかなり異なってくるそうです。乳房ケアーが出来て、産後鬱など心理面にも配慮できる月嫂さんは最上級で、なかなか予約が取れないそうです。住み込みで24時間お世話してくれる人、通いで昼間だけの人、いろいろ選べるみたいです。

近年ではトラブルが起きることも度々あるそうで、本当に信頼の出来る人にお願いできるように、値段だけではないいろんな吟味が必要だと仰っていました。

例えばどんな風かと言うと、赤ちゃんが愚図り始めたらオムツを見てくれて、おっぱいを赤ちゃんの口に含ませる所までしてくれて、飲み終わればゲップさせてくれて、おっぱいの出が良くなる食事を3食用意してくれて、身支度を手伝ってくれたり、赤ちゃんの身体をオイルで丁寧にマッサージしてくれたり、掃除から洗濯から家事全般をこなしてくれて。成る程ここまでしてもらえれば、「坐月子」が完結出来る訳ですね。

貧富の格差が大きい中国は、月嫂さんを雇うことがステイタスになっている風潮があったり、時代遅れの子育て知識で口出しして、若い夫婦と喧嘩したくない祖父母がお願いしたり、一人しかいない子どもには最高の環境を与えてやりたいと願う家族の希望だったり、中国は一人っ子政策で、一人の孫に4人の祖父母に両親でしょ!なるほど、加熱するのも分かります。

このお話をしてくれたお母さん曰く、「日本のお母さんは可哀想、家族に頼るのも勿論良いけど、頼れる家族がいない場合の選択肢の一つとして、月嫂さんみたいな専門家にお金を払ってお願いできる環境があれば、産後ブルーになる人がもっともっと減るんじゃないかな?」と。

かすみも本当にそうだとおもいます。


にほんブログ村 子育てブログ 母乳育児へ

今日は何位かな?ワンクリック↑お願いします 

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント