06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

 か す み

Author: か す み
かすみです。明石市在住、助産師してます。代々お産婆家系。年子のため混合栄養で大きくなりました。妊娠中のプレママさん、母乳育児、子育て中のお母様とお子様を心から応援しています!※ブログでの育児相談には対応していません。

フリーエリア

「桶谷式」について

詳しくはこちらをご覧下さい↓

FC2カウンター

ご訪問ありがとうございます

妊娠中から準備する方へ!

ブログ内検索

お探しの言葉を入力して下さい! ※検索ワードは1個ずつお願いします。

カテゴリー

最新コメント

お買い物

ベビー、キッズ、マタニティー商品を集めてみました。

お勧めグッツ

月の様子

Live Moon ブログパーツ
Special Thanks to 注文住宅

フリーエリア

岡田尊司著 「父という病」

2014.05.21 00:00|書籍・映画
 

岡田尊司医師は、これまで「母」のことを書かれた書籍ばかりでした。この度、お初になるのかな?「父」のことを書かれた書籍になります。読んだ感想ですが、子どもの心の成長には、結局はやっぱり母の存在が大きいと言うことですよね。

昨日もお会いしたMさんと、「子どもの前で、よっぽどの事が無い限りは、日常的に父親の悪口を言っちゃ駄目よ!」、とお話したんです。

ママ友と集まって旦那さんの悪口を散々言って発散してる、その横で子どもたちを遊ばせてる、そんな様子を時々見掛けるけど、ああ言うのって個人的にはとっても不快で嫌です。傍目に見てると、みっともないと思います。

子どもは親を良く観ています。子どもの抱く父親のイメージが、母親の悪い影響を存分に受けている。そんな家族に接する機会も時々あります。

子どもには母親も父親も必要です。母親の勝手で子どもから父親を奪ってしまわないように。死別やDVやギャンブル癖など、どうしても仕方ない場合を除いては、夫婦は仲良く!


にほんブログ村 子育てブログ 母乳育児へ

今日は何位かな?ワンクリック↑お願いします 



2014\2014年3月12日岡田尊司「母という病」


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント