10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

 か す み

Author: か す み
かすみです。明石市在住、助産師してます。代々お産婆家系。年子のため混合栄養で大きくなりました。妊娠中のプレママさん、母乳育児、子育て中のお母様とお子様を心から応援しています!※ブログでの育児相談には対応していません。

フリーエリア

「桶谷式」について

詳しくはこちらをご覧下さい↓

FC2カウンター

ご訪問ありがとうございます

妊娠中から準備する方へ!

ブログ内検索

お探しの言葉を入力して下さい! ※検索ワードは1個ずつお願いします。

カテゴリー

最新コメント

お買い物

ベビー、キッズ、マタニティー商品を集めてみました。

お勧めグッツ

月の様子

Live Moon ブログパーツ
Special Thanks to 注文住宅

フリーエリア

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

慣らし保育とストレンジ・シチュエーション法

2014.04.10 08:28|子どものこと
2014年4月4日桜

ストレンジ・シチュエーション法とは何ぞや?と言うと、ボウルビィーの愛着(アタッチメント)理論を基に、エインズワースらによって開発された実験法で、乳児期における母子間の愛着(アタッチメント)の質を測定します。

具体的には、一歳のお誕生日前後の赤ちゃんを、初めて訪れた部屋に見知らぬ人と置き去りにしてストレスを与えます。そして再び母親が部屋に戻って来た時の、再会時の反応を観察するというものです。

エインズワースは、アタッチメントパターンをA群、B群、C群の3群に分類しています。後にメインとソロモンによってD群が追加され、今では4群になっています。A〜D群は以下の通りです。

A群(回避型)
母親が部屋を出ても、後追いや泣きが観られず、愛着を示さない。

B群(安定した愛着の型)
母親を安全基地とできており、母親が退室すると泣いたり抵抗し、戻って来ると再会を喜べる。

C(両極型・アンビバレント型)
母親から離れようとせず、母親と離れると混乱し、再会後も回復が遅く、母親を責める行動も観られる。

D(無秩序・無方向型)
A型、B型、C型どれにも該当せず、行動全般が不自然でぎこちなく一貫性を欠く。親への恐れを抱いている。

かすみ自身は身近な事象の中で、この観察法を頭の中に良く思い浮かべます。例えば…

助産院の帰り際にお母さんがトイレに行く際、「ちょっとだけ待っててね」と言って、お子さんとかすみを部屋に置いて行く状況。不安がまだまだ強い月齢の子どもは、泣き叫んで追いかけて行ことします。同じ子どもが数ヶ月経つと、お母さんの言いつけを守ってかすみと遊んで待ってられます。

今週は助産院に通って来てくれる子どもの中に、慣らし保育の始まった子どもが何人かいますが、お母さん方が預けて数日間の様子を教えて下さった感じはほぼ共通しています。

「保育園の先生に預ける際にはお母さんにしがみついて大泣きし、数時間後にお迎えに行った際には再び大泣きし、帰宅しておっぱいを飲ませたらやっと笑顔になった」、と言う感じ。ストレンジ・シチュエーションで言う、B群の安定したアタッチメントパターンです。

中にはC群のアンビバレント型よりの子どももいましたが、だからこそ、保育園に預ける前に相談して下さるお母さん方には、「保育園に行っても精神的に落ち着くまでの暫くの間は、母乳育児が続けられると良いですね」とアドバイスしています。

毎年のことだけど、そうして慣らし保育を続けていく内に、『お母さんは必ず迎えに来てくれる』と言う確信が持て、安全基地としてのイメージをしっかり持つことが出来れば、子どもは強いです!いづれ新しい世界に馴染んでいきます。


にほんブログ村 子育てブログ 母乳育児へ

今日は何位かな?ワンクリック↑お願いします 

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。