07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

 か す み

Author: か す み
かすみです。明石市在住、助産師してます。代々お産婆家系。年子のため混合栄養で大きくなりました。妊娠中のプレママさん、母乳育児、子育て中のお母様とお子様を心から応援しています!※ブログでの育児相談には対応していません。

フリーエリア

「桶谷式」について

詳しくはこちらをご覧下さい↓

FC2カウンター

ご訪問ありがとうございます

妊娠中から準備する方へ!

ブログ内検索

お探しの言葉を入力して下さい! ※検索ワードは1個ずつお願いします。

カテゴリー

最新コメント

お買い物

ベビー、キッズ、マタニティー商品を集めてみました。

お勧めグッツ

月の様子

Live Moon ブログパーツ
Special Thanks to 注文住宅

フリーエリア

トンデモな4ヶ月健診 つわ者Oさんの場合

2014.03.30 08:45|母乳育児のコツ
2014年3月30日トンデモな4ヶ月健診
(※写真と本文は関係ありません) 

「もう十分頑張ったんだから、これ以上は頑張り過ぎなくて良いんだよ!」って言う言葉、この一言に助けられたって言うお話は良くお伺いします。ある人にとっては救いの言葉です。

でも、ある人にとっては「だから何?」「何で頑張ったらいけないの?」「お医者さんや保健師さんや助産師さんから見て、私の肩に変に力が入り過ぎている様に映るなら、適当に力を抜く術を教えてくれたら良いのに…」と、そんなお話も良くお伺いします。

母乳を赤ちゃんに飲んで貰えることは、楽しくて、嬉しくて、遣り甲斐を感じることが出来て、哺乳類なら当然のことだと思ってやっているのに、それでちょっと赤ちゃんの体重の増えが緩やかだったり、夜間も数回起きて授乳しているとか、このことが母乳不足のサインだと思い込んでる医療職が聞き付けて、「どうして母乳にそこまで拘るの?」「ミルクだって遜色無く子どもは育つんだから!」「頑張り過ぎなくて良いんだよ!」とかアドバイスされてもね…

「何で母乳なのか?」を言葉で語るのってとっても難しい、と皆さん良く仰います。ただでさえ難しいのに、それを3分診療の外来や、集団健診の大勢の人が控えている場や、これまでの自分と赤ちゃんの様子を全く知らない初対面の人に語るのって、もっともっと難しいです。

先日お話に来てくれたお母さんは、集団健診の場で保健師さんに質問されて、「オキシトシンのせいだと思います!」って応えたんだって。そしたら保健師さん、キョトンとなって仕舞って、「もういいです」ってあっさり指導が終わったそうです。「本当にそんなこと言っちゃったんだ(笑)」と、思わず聞き直してしまいました。

Oさん、『どうしてあんなこと聞くんだろう?』って、健診から帰って来て考えたそうです。

そしてたどり着いた答えが、母乳育児がしんどいだろう、辛いだろうは、もしかしたら保健師さん自身の子育て経験からくるものかも知れないと(会話の中でお子さんがいるっていう話はされたみたいですが、本当にしんどかったかどうかは、本人に確認しようがないので定かではありません)。それと、しんどい人の話を聞く機会が多過ぎて、皆んなそうなんだって思い込んで仕舞ってるんじゃないかな?と、分析されてました。

Oさん、さすが鋭いね!健診、お疲れ様でした!


にほんブログ村 子育てブログ 母乳育児へ

今日は何位かな?ワンクリック↑お願いします 

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント