06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

 か す み

Author: か す み
かすみです。明石市在住、助産師してます。代々お産婆家系。年子のため混合栄養で大きくなりました。妊娠中のプレママさん、母乳育児、子育て中のお母様とお子様を心から応援しています!※ブログでの育児相談には対応していません。

フリーエリア

「桶谷式」について

詳しくはこちらをご覧下さい↓

FC2カウンター

ご訪問ありがとうございます

妊娠中から準備する方へ!

ブログ内検索

お探しの言葉を入力して下さい! ※検索ワードは1個ずつお願いします。

カテゴリー

最新コメント

お買い物

ベビー、キッズ、マタニティー商品を集めてみました。

お勧めグッツ

月の様子

Live Moon ブログパーツ
Special Thanks to 注文住宅

フリーエリア

砂糖水にはタンパク質と脂質は含まれていません

2014.02.10 10:09|母乳育児のコツ
2013年12月27日T親子
年末に卒業されたT親子、 愛嬌のある仕草にいつも癒されました(^-^)
(※写真と本文は関係ありません)

退院直後にお会いしたHさんが、病院からたくさん「5%ブドウ糖液」を貰って帰って来られました。入院中に皆さんに手渡されていた、いわゆる「砂糖水」のことです。

彼女が貰って来られたのは、点滴で体内に取り入れることも出来る、個別包装されたものですが、中にはスティックシュガーと水道水で5%の砂糖水を作って、赤ちゃんに与えるように指導されて帰って来られる方も稀におられます(病院は限定されていますが…)。

ブドウ糖液にはタンパク質も脂肪も含まれまれていません。糖質、熱量にしても、母乳や人工乳に比べて低いです。糖質だけでは人間の身体は機能しません。

Hさんの場合は一回にブドウ糖液を60mlも70mlも与えておられてました。お腹ばかりが張って栄養が取れず、効率が悪いです。生理的な胃の許容量を遥かに超えているので、胃拡張を起こしてフードファイター状態です。医学的に適応の無い赤ちゃんにブドウ糖液を補足することが、その後の母乳育児確率にマイナスの影響を与えることが言われます。

5%ブドウ糖液を使うのは、入院中なら未だしも、退院時には確実に人工乳に切り替えて自宅に帰してあげるのが、赤ちゃんにとっては安全だと思います。

お母さんには、どのタイミングで砂糖水から人工乳に切り替えたら良いかの判断は、かなり難しいと思います。

タンパク質脂質熱量
母乳7~7.5
g/dl
1.9~2.1
g/dl
3.2~3.4
g/dl
66
kcal/dl
人工乳7.2
g/dl
1.6
g/dl
3.5
g/dl
67~70
kcal/dl
5%ブドウ糖液5.0
g/dl
20
kcal/dl

にほんブログ村 子育てブログ 母乳育児へ

今日は何位かな?ワンクリック↑お願いします 


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント