08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

 か す み

Author: か す み
かすみです。明石市在住、助産師してます。代々お産婆家系。年子のため混合栄養で大きくなりました。妊娠中のプレママさん、母乳育児、子育て中のお母様とお子様を心から応援しています!※ブログでの育児相談には対応していません。

フリーエリア

「桶谷式」について

詳しくはこちらをご覧下さい↓

FC2カウンター

ご訪問ありがとうございます

妊娠中から準備する方へ!

ブログ内検索

お探しの言葉を入力して下さい! ※検索ワードは1個ずつお願いします。

カテゴリー

最新コメント

お買い物

ベビー、キッズ、マタニティー商品を集めてみました。

お勧めグッツ

月の様子

Live Moon ブログパーツ
Special Thanks to 注文住宅

フリーエリア

卵巣のう腫で手術入院が必要な場合

2013.11.13 21:35|母乳育児のコツ
2013年11月8日Iさん
※写真と本文は関係ありません。 

助産院に定期的にケアーに来られる授乳中のお母さんで、近い将来に手術の予定を控えた方の相談をお受けする場合、大概は「卵巣のう腫」です。

腹腔鏡で手術できる大きさの内に手術してしまいたいけど、母乳育児が真っ盛りな産後数ヶ月の時期に手術するとして、1週間の入院中にどの様にセルフケアーすれば、断乳せずに分泌をキープすることが出来るか?入院する産婦人科病棟のスタッフに、何と言ったら協力してもらえるか?入院中に子どもを預かってくれる家族との調整、お母さんが1週間も居なくなることが、子どもの心身に与える影響、それをどうフォローしていくか、念には念を入れて、本当にたくさんのことを事前に相談して下さいます。

急を要する状態でなければ、予め時期を定めて断乳し、その後に手術を受けられる方もおられます。子どもの発育発達の具合も観つつ、いつ断乳するのがベターなのか?断乳後は数回に渡ってケアーが必要ですが、入院の準備と同時進行になる方もおられます。皆さん「1日でも長くおっぱいを飲ませてあげたい」と仰っいます。だからこそ、計画には余念がありません。

明日は断乳後に手術を受けられた方にお会いします。元気なお姿を拝見できるのを楽しみに、ブログを書いています。

今日は何位かな?ワンクリック↑お願いします。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント