05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

 か す み

Author: か す み
かすみです。明石市在住、助産師してます。代々お産婆家系。年子のため混合栄養で大きくなりました。妊娠中のプレママさん、母乳育児、子育て中のお母様とお子様を心から応援しています!※ブログでの育児相談には対応していません。

フリーエリア

「桶谷式」について

詳しくはこちらをご覧下さい↓

FC2カウンター

ご訪問ありがとうございます

妊娠中から準備する方へ!

ブログ内検索

お探しの言葉を入力して下さい! ※検索ワードは1個ずつお願いします。

カテゴリー

最新コメント

お買い物

ベビー、キッズ、マタニティー商品を集めてみました。

お勧めグッツ

月の様子

Live Moon ブログパーツ
Special Thanks to 注文住宅

フリーエリア

NHKで「くる病」を取り上げてたけど…

2013.10.17 18:52|母乳育児のコツ
 2013年10月4日Tさん 

今日のブログの検索ワード1位は「くる病」です。今朝のNHKで、くる病の原因の1番目に、完全母乳栄養があげられてました。あ〜あ、言っちゃった、NHKさん(>_<)2番目がアレルギーの除去食、3番目が日光に当たる時間が少ない、からだって。順番を入れ替えてくれるだけでも、随分と心証が違ったんだけどな…残念です。

でっ、早速今日お会いした妊婦さん、「くる病が怖いから、適当に混合でやっていきたいです!」だって。単純だよな…

それよか、朝ご飯はバナナ1本、昼ご飯は菓子パン1個、晩ご飯は22時過ぎに中食で済ませ、早朝に出勤して夜は暗くなってから帰宅、美白化粧品に紫外線防止対策万全で夏を過ごしたお陰で見るからに真っ白、休日は疲れて家の外に一歩も出れない、そんな生活を先ずは見直さないと…

妊娠中に母親が日光を浴びる量が少ないせいで、既に生後数日目でも、骨の成長が十分でない兆候の診られる新生児が意外と多いって言う話、今のままじゃ〜母乳がまともに出るかも保証が出来ないこと、将来的に自身の骨粗しょう症のリスクが高まること、等々お話しました。

まともに食事も出来ない、せめて休日くらいは、太陽の光を浴びることのできるような、そんな生活時間帯で活動していない、そんな人が母乳育児を希望するのであれば、それなりに改めないといけないことはありますよ!

母乳中のビタミンDは母親の摂取量に関係するので、何でもバランスよく食べて下さいね。早寝早起きすれば、自然と太陽の光も浴びることが出来ます。美白は程々にして、適度に太陽の光も浴びて下さいね。

さ〜この話題、助産院では何日間続くかな???

今日は何位かな?ワンクリック↑お願いします。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント