09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

 か す み

Author: か す み
かすみです。明石市在住、助産師してます。代々お産婆家系。年子のため混合栄養で大きくなりました。妊娠中のプレママさん、母乳育児、子育て中のお母様とお子様を心から応援しています!※ブログでの育児相談には対応していません。

フリーエリア

「桶谷式」について

詳しくはこちらをご覧下さい↓

FC2カウンター

ご訪問ありがとうございます

妊娠中から準備する方へ!

ブログ内検索

お探しの言葉を入力して下さい! ※検索ワードは1個ずつお願いします。

カテゴリー

最新コメント

お買い物

ベビー、キッズ、マタニティー商品を集めてみました。

お勧めグッツ

月の様子

Live Moon ブログパーツ
Special Thanks to 注文住宅

フリーエリア

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

折れ耳

2013.10.10 08:01|子どものこと
2013年9月30日折れ耳

写真は生後10ヶ月のKちゃんの耳です。赤ちゃんの耳の形って遺伝的要素が強い、と以前も「耳瘻孔」の所で書きましたが、Kくんの耳の形はお母さん譲りです。

現時点で強いて困ることと言えば、ゴミが溜まりやすいので、お手入れの際には折れた部分もしっかりお掃除してあげる必要があることくらいです。

折れ耳は形だけの問題で、聴力に問題が無ければ、これも個性の一つです。

軟骨の屈曲の程度によっては、マスクや眼鏡が掛け辛いなどの機能的な問題が生じるケースもありますので、その場合は、軟骨が柔らかい赤ちゃんの内は、クリップみたいな矯正具で矯正したり、軟骨が硬くなってしまった後は、手術したりも出来ます。

実際に手術するかしないかは、その人が日常生活に困ることがあればで、その人の判断になりますかね。

今日は何位かな?ワンクリック↑お願いします。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。