10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

 か す み

Author: か す み
かすみです。明石市在住、助産師してます。代々お産婆家系。年子のため混合栄養で大きくなりました。妊娠中のプレママさん、母乳育児、子育て中のお母様とお子様を心から応援しています!※ブログでの育児相談には対応していません。

フリーエリア

「桶谷式」について

詳しくはこちらをご覧下さい↓

FC2カウンター

ご訪問ありがとうございます

妊娠中から準備する方へ!

ブログ内検索

お探しの言葉を入力して下さい! ※検索ワードは1個ずつお願いします。

カテゴリー

最新コメント

お買い物

ベビー、キッズ、マタニティー商品を集めてみました。

お勧めグッツ

月の様子

Live Moon ブログパーツ
Special Thanks to 注文住宅

フリーエリア

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

皮膚を介して発症する食物アレルギー

2013.09.21 15:45|子どものこと
2013年8月Tさん
※写真と本文は関係ありません!

食物アレルギーは、原因となる食物抗原を口から摂取することばかりが原因ではなく、皮膚を介して体内に入ってきた食物抗原が、アレルギー発症の引き金になると、最近は良く言われるようになりました。

本当につい最近の話で、大きな切っ掛けとなったのが、加水分解小麦の入った洗顔石けんを使用した多くの方が、小麦アレルギーを発症した、「茶のしずく石けん」の事件以降です。

赤ちゃんの頰っぺや全身のあちこちにあるガザガサだったり、ジュクジュクした湿疹を長期間放置すると、そこが食物抗原の侵入経路になってしまいます。

食物抗原は目に見えなくても、床に落ちてるし、空気中に舞ってるし、人の手や衣服に付いてるし、避けようがありません。だから兎に角、赤ちゃんの皮膚のコンディションを清潔に良好に保つこと。皮膚トラブルを放置しないことで、食物アレルギー発症のリスクを低減できるかも知れません。

赤ちゃんの皮膚は、薄くて水分を保持する能力が大人に比べて遥かに低いです。ムチムチの赤ちゃんのことだからと、逆だと思っている方も多いけど、実はとっても水分を失いやすいんです。乾燥は大敵で、乾燥すると表面のバリア機能が失われ、皮膚トラブルの原因になります。

今週始めて相談に来られたAさん、1ケ月健診の頃、急に顔中に湿疹が出始め、小児科では「乳児湿疹で時期的なものだから、暫く様子を観て下さい」と言われたものの、2ケ月経っても3ケ月経っても半年経っても、一向に良くならず、悩みに悩んでアレルギー専門病院を受診したら、血液検査で食物アレルギーと言われちゃいました。未だ母乳以外は何も食べさせたことがないのに、食物アレルギーだなんて、そんなこともあるんですね。(抗原は)どこから赤ちゃんの体内に入ったんだろう?妊娠中にお腹の中で?私の母乳中に極微量でも入っているから?と。

Aさんとお話する過程で、「皮膚を介して発症する食物アレルギー」の話も出てきました。「1ケ月健診の頃の湿疹は確かに乳児湿疹だったかも知れないけど、あの時点で何らか対処ができていたら、今の病状は違っていたのかな〜」と、仰ってました。

そろそろ乾燥の季節です。スキンケアーは、夏仕様から秋冬仕様に変更して下さいね!


にほんブログ村 子育てブログ 母乳育児へ

今日は何位かな?ワンクリック↑お願いします。 

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。