09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

 か す み

Author: か す み
かすみです。明石市在住、助産師してます。代々お産婆家系。年子のため混合栄養で大きくなりました。妊娠中のプレママさん、母乳育児、子育て中のお母様とお子様を心から応援しています!※ブログでの育児相談には対応していません。

フリーエリア

「桶谷式」について

詳しくはこちらをご覧下さい↓

FC2カウンター

ご訪問ありがとうございます

妊娠中から準備する方へ!

ブログ内検索

お探しの言葉を入力して下さい! ※検索ワードは1個ずつお願いします。

カテゴリー

最新コメント

お買い物

ベビー、キッズ、マタニティー商品を集めてみました。

お勧めグッツ

月の様子

Live Moon ブログパーツ
Special Thanks to 注文住宅

フリーエリア

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

医療費無料化、本当に良いのかな?

2013.05.13 22:09|子どものこと
2013年4月18日補完食に果物

明石市は今年の7月から、中学校3年生までの医療費が無料になります。入院は既にこれまでも無料でした。「乳幼児等医療費助成制度」は、各自治体によって支援の内容には多少の差異があります。

一部自己負担のある自治体にお住まいの方が、自己負担の無い自治体に住んでいる方を「羨ましい」とか、そのことだけを受けて、その自治体を「子育て世代に手厚い」、と思ってらっしゃる方に時々お会いすることがありますが、事はそんなに単純ではありません。

かすみ自身は、「医療機関を受診して、医療サービスを受けて、薬までもらって帰って来て、それで医療費がただ(無料)」っていうのは、ちょっと有り得ないことだと思っています。個々の経済状況に見合った負担は、あって然るべきだと思います。

「○○小児科はお土産が少ない。△△小児科はたくさんお土産がもらえるから、△△小児科が良いよ!」と仰る方。この「お土産」って言うのは、薬のことですよね。薬を必要最小限に留める、或いは1日、2日単位でしか処方してくれない医師=「悪」、必要以上にたくさん処方してくれる医師=「良」、こんな基準で医療機関を選んでいる方がいるのは、何とも遣る瀬無いですが、実際におられるんですよね。

「自分が体調の悪い時に、子どもの薬がたくさん余っているから、それを飲んで間に合わせています」、「そんな時のために、いつも余分に貰っています」と仰る方。必要な分だけ処方してもらって下さい。医師は症状に見合った薬を処方されています。子どもの薬を安易に間に合わせで飲むものではありません。期限も全く無視ですよね。「子どもがいると預ける所も無いし、なかなか受診できないからね!」って…いやいや、確かになかなか受診出来ないのも分かるけど、それで納得しないでよね。

ホームケアーで間に合うようなことでも、直に病院を受診してしまう方。お話をお伺いしていると、『そんなことで受診しちゃうの?』と、心の中で思うこともあります。無料になったことで、不要な受診が増えないと良いんだけど…

「どうせ税金払ってるんだから良いでしょ!」、「どうせただ(無料)なんだし、使わないと損でしょ?」、と言う声も耳にするのですが、そんな時はもう聞かなかった振りして、その場を離れるようにしています。胸が苦しいよ…やっぱり無料化はいけないと思うな…

更新の励みのワンクリック↑お願いします。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。