06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

 か す み

Author: か す み
かすみです。明石市在住、助産師してます。代々お産婆家系。年子のため混合栄養で大きくなりました。妊娠中のプレママさん、母乳育児、子育て中のお母様とお子様を心から応援しています!※ブログでの育児相談には対応していません。

フリーエリア

「桶谷式」について

詳しくはこちらをご覧下さい↓

FC2カウンター

ご訪問ありがとうございます

妊娠中から準備する方へ!

ブログ内検索

お探しの言葉を入力して下さい! ※検索ワードは1個ずつお願いします。

カテゴリー

最新コメント

お買い物

ベビー、キッズ、マタニティー商品を集めてみました。

お勧めグッツ

月の様子

Live Moon ブログパーツ
Special Thanks to 注文住宅

フリーエリア

先週末の淡路島の地震

2013.04.18 19:40|母乳育児のコツ
2013年4月15日S&S  

今週は多くのお母さんが、13日の早朝に起こった、淡路島付近を震源とする地震の話をされましたね。阪神大震災以来の大きな揺れだったから、本当に恐かったですね。

赤ちゃんがぐずり始めたので『おっぱいかな?』、と思って起きようとしたら、急に揺れ始めたと言うエピソードを、何人かの方からお伺いしました。地震を余地するナマズみたいな赤ちゃんですね。自分が、夫が、寝てて気付かなかった。夫婦で寝てて気付かなかった。2人でそれってヤバいよね。北朝鮮のミサイルが近くに落ちたと思った人も多かったです。

っで、皆さんが共通して仰ったのは、「災害時の母乳育児の有難さを、この日は真剣に考えました」と。「ガスも水道も止まったら、人工乳だったら赤ちゃんにひもじい思いをさせてしまうけど、母乳だったらその心配がありませんもんね」と。

混合のお母さんの中には、「何時何時余震でガスが止まるか分からないので、一先ず一回分のお湯を沸かしてポットに入れました」、と仰る方もおられました。清潔な哺乳瓶が確保出来ない場合は?、支援物資が届くまでは母乳だけで粘らなくっちゃいけないんだけど、その場合の赤ちゃんに関して注意するポイントは?etc. 「混合だけど、もう少し母乳の割合が増えるように、今より落とさないように頑張ろうと思います」、と宣言したお母さんたち、頑張って下さいね。

この日は断乳を計画していた親子が何組かおられましたが、やっぱりお乳の止め時は、「そこそこの物を食べられるようになっていること」、は必須条件ですね。

母乳育児のメリットってあげればたくさんありますが、「災害時に強い」と言うのも忘れずに!

更新の励みのワンクリック↑お願いします。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント