07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

 か す み

Author: か す み
かすみです。明石市在住、助産師してます。代々お産婆家系。年子のため混合栄養で大きくなりました。妊娠中のプレママさん、母乳育児、子育て中のお母様とお子様を心から応援しています!※ブログでの育児相談には対応していません。

フリーエリア

「桶谷式」について

詳しくはこちらをご覧下さい↓

FC2カウンター

ご訪問ありがとうございます

妊娠中から準備する方へ!

ブログ内検索

お探しの言葉を入力して下さい! ※検索ワードは1個ずつお願いします。

カテゴリー

最新コメント

お買い物

ベビー、キッズ、マタニティー商品を集めてみました。

お勧めグッツ

月の様子

Live Moon ブログパーツ
Special Thanks to 注文住宅

フリーエリア

アンチ哺乳量測定

2013.02.24 07:00|母乳育児のコツ
哺乳量測定

授乳前後の体重差を求める哺乳量測定を入院中にさせられてたお母さんは、助産院で体重計を見掛けると、当然のように前後で測ろうとされるけど、かすみは滅多にしていません。

たった一回、慣れない環境で飲んで測っても、赤ちゃんは気が散って本領発揮出来てない可能性があります。たまたま測った結果が「0」とか「マイナス」だったりすると、お母さんはがっかりされて、見るからに自信喪失。目も当てられません。

入院中にそうして散々自尊心を低下させられて退院してらっしゃる方がおられますが、『母乳がもっとたくさん出て欲しい』、と思ってらっしゃる方にとっては、それがストレスとなって逆効果になっている場合もあります。

母乳で育つ赤ちゃんは、毎回同じ量を飲んでるとは限りません。1日トータルで考えます。例えばの話ですが、「1時間もおっぱいにぶら下がっていたのに30gしか増えていなかったかと思えば、10分程で100gも増えてた!」とか言うのが、母乳の赤ちゃんです。

哺乳量測定する病院から退院して来られたお母さんのマインドコントロールを解くのは、本当に大変だな・・・(^ー^;)

今日は何位かな?ワンクリック↑お願いします。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント