07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

 か す み

Author: か す み
かすみです。明石市在住、助産師してます。代々お産婆家系。年子のため混合栄養で大きくなりました。妊娠中のプレママさん、母乳育児、子育て中のお母様とお子様を心から応援しています!※ブログでの育児相談には対応していません。

フリーエリア

「桶谷式」について

詳しくはこちらをご覧下さい↓

FC2カウンター

ご訪問ありがとうございます

妊娠中から準備する方へ!

ブログ内検索

お探しの言葉を入力して下さい! ※検索ワードは1個ずつお願いします。

カテゴリー

最新コメント

お買い物

ベビー、キッズ、マタニティー商品を集めてみました。

お勧めグッツ

月の様子

Live Moon ブログパーツ
Special Thanks to 注文住宅

フリーエリア

乳房膿瘍を切開したAさんのその後

2013.02.09 16:06|乳房トラブル
  2013年2月9日乳房膿瘍

2ヶ月半前に乳房内に出来た膿瘍を切開したAさん、昨日お会いした時には、切開した方の乳房も赤ちゃんが飲めるようになってました。

赤ちゃんが飲んでくれているお陰で、切開直後に有った大きなシコリは、随分と癒えてました!そんなことがあったことを知らない助産師には、多分触っても分らないくらいに癒えてます。

かすみが住んでいる地域の近隣の病院では、「膿瘍、切開」=「母乳を止める」、が標準治療になっているので、Aさんの場合も切開した乳腺外科では、散々分泌を止めることを勧められました。そこは紆余曲折あって、何とか止めずに現在に至ります。

切開ともなると、傷の洗浄やガーゼ交換で通院は大変。出産を終えて退院した直後以上に、家族の協力と精神的サポートが必要。お母さん自身には、『母乳育児を続けたい!』と言う、よっぽどの強い意志がないと、厳しいな。。。後は、継続することを肯定的にサポートしてくれる医療機関と。

しょっ中あることじゃないし、かすみもとっても気を使うので、出来れば相談を引き受けたくないのが本音。でも、こうして笑顔で母乳育児を続けられいてる親子をみるのは、とっても嬉しいし、お手伝い出来て良かったです。 

今日は何位かな?ワンクリック↑お願いします。

The Academy of Breastfeeding Medicineのガイドライン
http://www.bfmed.org/Media/Files/Protocols/protocol_4mastitis.pdf

WHO Mastitis :causes and manage  
http://www.who.int/maternal_child_adolescent/documents/fch_cah_00_13/en/


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント