07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

 か す み

Author: か す み
かすみです。明石市在住、助産師してます。代々お産婆家系。年子のため混合栄養で大きくなりました。妊娠中のプレママさん、母乳育児、子育て中のお母様とお子様を心から応援しています!※ブログでの育児相談には対応していません。

フリーエリア

「桶谷式」について

詳しくはこちらをご覧下さい↓

FC2カウンター

ご訪問ありがとうございます

妊娠中から準備する方へ!

ブログ内検索

お探しの言葉を入力して下さい! ※検索ワードは1個ずつお願いします。

カテゴリー

最新コメント

お買い物

ベビー、キッズ、マタニティー商品を集めてみました。

お勧めグッツ

月の様子

Live Moon ブログパーツ
Special Thanks to 注文住宅

フリーエリア

セント・トーマス病院とナイチンゲール博物館@ロンドン

2012.09.17 17:37|わたくし事
ナイチンゲール博物館①
テムズ川を挟んでビック・ベンや国会議事堂の向かいにあるのが、セント・トーマス病院です。この病院は、とあることでとっても有名です。それは、かのフローレンス・ナイチンゲールが、世界で始めて設立した看護学校が、ここにあるからです。今は博物館が併設されています。

ナイチンゲール博物館②
かすみは公立の看護大卒なので、ナイチンゲール像が身近に有った訳でも無いし、戴帽式は無かったのでナイチンゲール誓詞を誓ったことも無いし、そんなに強い思い入れがある訳では無いんだけど、それでもやっぱり医療職としてはここは外せないのかな~と思って訪れることにしました。

ナイチンゲール博物館③
これは博物館のエントランスに飾ってあった胸像です。

ナイチンゲール博物館④
入場料£5.8を支払うと、聴診器の形をしたオーディオガイド(英語のみ)を手渡されます。展示物の説明を聞きたい時は、この聴診器を印にあてると説明が流れます。この形の物は今までに無かったので、とってもユニークだと思いました。

ナイチンゲール博物館⑤
古い写真やVTRやナイチンゲールの遺品や、スペース的にはそんなに広くはないんだけど、意外と時間が掛かりました。同業の方なら一度は行っておいて損は無いと思います!

ナイチンゲール博物館⑥
それにしても、対岸にこの景色を臨むロケーションで勉強できて、本当に羨ましい!かすみは大学の屋上から、PLの花火が見えたことくらいしか自慢できることがないなぁ・・・
 

更新の励みのワンクリック↑お願いします。



2012年9月6日ナイチンゲール博物館①


2012年9月6日ナイチンゲール博物館②


 
スポンサーサイト

コメント

No title

rainwomanさん
コメントありがとうございました。
ロンドンは美術館に博物館に無料な所が多くて、
本当にびっくりしました\(^o^)/
25年前ならネット環境もないわけで、また違った楽しさがあったでしょうね。

また遊びにきて下さいね(^_−)−☆

No title

かすみさん、お帰りなさい。
しばらく更新がないと思っていたら、イギリスに行かれていたのですね。羨ましい。
私は25年も前に行きました。その時は大英博物館と国立美術館に2週間、入り浸っていました。
ナイチンゲールがイギリスの人だということも知りませんでした。お恥ずかしい・・・
非公開コメント