06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

 か す み

Author: か す み
かすみです。明石市在住、助産師してます。代々お産婆家系。年子のため混合栄養で大きくなりました。妊娠中のプレママさん、母乳育児、子育て中のお母様とお子様を心から応援しています!※ブログでの育児相談には対応していません。

フリーエリア

「桶谷式」について

詳しくはこちらをご覧下さい↓

FC2カウンター

ご訪問ありがとうございます

妊娠中から準備する方へ!

ブログ内検索

お探しの言葉を入力して下さい! ※検索ワードは1個ずつお願いします。

カテゴリー

最新コメント

お買い物

ベビー、キッズ、マタニティー商品を集めてみました。

お勧めグッツ

月の様子

Live Moon ブログパーツ
Special Thanks to 注文住宅

フリーエリア

ハンドリガードや指吸いは自己認知のはじまり

2012.08.25 09:36|子どものこと
2012年8月自分の手を触る 

生後5ヶ月のHくん、お母さんのご相談をお伺いする間、この頃の月齢ならではの得意技を、次々と披露してくれます。

写真は「ハンドリガード」と言って、リガード(regard) は「凝視する」という意味!目の前で左右の指を絡み合わせ、正にリガードしています。

自分の手を自分の目で見て、それを動かす感覚を楽しんでいます。早い子だと、生後2ヶ月位から、片方の拳を天井に突き上げて、マジマジと眺めていることがありますよ。

そうこうする内に、この手はお口に近付き、左右の人差し指を同時にナメナメ、特定の指に拘らずナメナメ、物足りず拳をを丸ごとお口に突っ込んでナメナメ、 ひたすナメナメしています。

これはこの時期、目や耳よりも敏感な感覚器である「お口」で、自分の身体の一部に「触れている感覚」と、「触れられる感覚」を同時に楽しんでいます。 「ダブルタッチ」と言います。
 
ここから発展して、自他との境界に気付き、自分というものを認識していきます。赤ちゃんの発達の過程は本当に興味深いなぁ~!
 
そうそう、先日耳の周りの、自分で手が届く範囲の髪の毛を見事に毟り取ったKちゃんママにも、これに近い内容のお話をしました。中耳炎でもないし汗もでもないし、どうしたんだろうと心配されてたそうですが、お話を聞いて頂いてとっても納得されてました(^-^)v
 

更新の励みのワンクリック↑お願いします。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント