09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

 か す み

Author: か す み
かすみです。明石市在住、助産師してます。代々お産婆家系。年子のため混合栄養で大きくなりました。妊娠中のプレママさん、母乳育児、子育て中のお母様とお子様を心から応援しています!※ブログでの育児相談には対応していません。

フリーエリア

「桶谷式」について

詳しくはこちらをご覧下さい↓

FC2カウンター

ご訪問ありがとうございます

妊娠中から準備する方へ!

ブログ内検索

お探しの言葉を入力して下さい! ※検索ワードは1個ずつお願いします。

カテゴリー

最新コメント

お買い物

ベビー、キッズ、マタニティー商品を集めてみました。

お勧めグッツ

月の様子

Live Moon ブログパーツ
Special Thanks to 注文住宅

フリーエリア

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不活化は9月1日導入、4種混合は11月 ポリオワクチンで厚労省

2012.04.24 21:16|予防接種
今日お会いしたママ。「春の内に生ワクチンを2回飲んで、ポリオの予防接種を済ませることができますよ!」的なアドバイスを医療者から受けたみたいですが・・・

これまでは春と秋に1回ずつというのが普通だったし、一つの季節に2回というのは聞いたことがありません。子どもの体調が万全とは限りませんし、そんな無理なスケジュールはやめといた方が無難だよってお話しました。

有識者の検討会で、「生ワクチンを1回接種している場合は、単独不活化ワクチンをあと3回接種する」となったみたいなのでね!くれぐれも子どもの体調を優先して下さいね!

2012年4月23日、共同通信社配信の記事を転記しました。

不活化は9月1日導入、4種混合は11月 ポリオワクチンで厚労省

ポリオ(小児まひ)の予防接種に関する厚生労働省の有識者による検討会は23日、ポリオ単独の不活化ワクチンを9月1日に導入し、4回接種する方針をまとめた。同省の予防接種部会に報告し、関係省令を改正する。

予防接種法に基づき原則公費で無料となる対象年齢は、現行の生ワクチンと同じ生後3カ月から7歳6カ月未満。標準的には、生後3カ月から1歳未満の間に20日以上の間隔を空けて3回接種。4回目は、3回目から6カ月以上後に接種する。

これまでに生ワクチンを接種していない場合は、単独不活化ワクチンを4回接種。生ワクチンを1回接種している場合は、単独不活化ワクチンをあと3回接種する。

厚労省はジフテリア、百日ぜき、破傷風の3種混合ワクチンに不活化ポリオを含む4種混合ワクチンを11月に導入する予定。それまでにいずれのポリオワクチンも3種混合ワクチンも接種していない場合、4種混合ワクチンを4回接種する。

厚労省によると、本年度末までの単独不活化ワクチンの供給予定量は約477万回接種分。これに対し、需要は約133万人、計約370万回接種分で、順調なら不足は避けられる見通し。

厚労省は、ワクチンメーカー、サノフィパスツールによるポリオ単独の不活化ワクチンを今月中に正式承認する。生ワクチンではごくまれに手足にまひを生じる恐れがあり、化学的にその恐れをなくした不活化ワクチンへの切り替えが決まっていた。

 更新の励みのワンクリック↑お願いします。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。