09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

 か す み

Author: か す み
かすみです。明石市在住、助産師してます。代々お産婆家系。年子のため混合栄養で大きくなりました。妊娠中のプレママさん、母乳育児、子育て中のお母様とお子様を心から応援しています!※ブログでの育児相談には対応していません。

フリーエリア

「桶谷式」について

詳しくはこちらをご覧下さい↓

FC2カウンター

ご訪問ありがとうございます

妊娠中から準備する方へ!

ブログ内検索

お探しの言葉を入力して下さい! ※検索ワードは1個ずつお願いします。

カテゴリー

最新コメント

お買い物

ベビー、キッズ、マタニティー商品を集めてみました。

お勧めグッツ

月の様子

Live Moon ブログパーツ
Special Thanks to 注文住宅

フリーエリア

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

乳児で突然起きる心疾患 認知低く、注意呼び掛け 共同通信社

2012.04.23 20:26|子どものこと
共同通信社、4月23日配信の記事を転記しました。怖いですね・・・

生後数カ月の乳児で、心臓の弁を支える筋が突然切れ、血液が逆流し心不全となる「乳児特発性僧帽弁腱索(けんさく)断裂」について、国立循環器病研究センター(大阪府)が実態調査し、臨床的な特徴などをまとめて20日、発表した。

同センターによると、健康な乳児でも風邪のような症状から突然起こり、肺炎と診断されて手遅れとなっているケースもあるとみられる。小児科医の認知度も低く、注意を呼び掛けている。調査は世界初という。

この病気は日本人に多く欧米での報告はほとんどない。同センターは全国の医療機関約340施設を調査し、1995~2010年で88人を確認。大半が初めは風邪の症状で病院にかかり、数時間から数日で顔面蒼白(そうはく)や重度の呼吸困難になるなど急速に悪化していた。6人が死亡、25人が人工弁を付ける手術を受けた。脳に障害が残った乳児もいるという.

8割以上が生後4~6カ月の乳児で、春と夏の発症が多かった。この時期はウイルス性の心臓の感染症が多く、関連が疑われるという。免疫異常も原因の可能性がある。

白石公(しらいし・いさお)小児循環器部長は「風邪気味の赤ちゃんが突然血の気がなくなりぐったりしたら、この病気かもしれない。小児科医は心臓を調べてほしい」とした。結果は福岡市で開催中の日本小児科学会で22日に発表する。

 更新の励みのワンクリック↑お願いします。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。