07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

 か す み

Author: か す み
かすみです。明石市在住、助産師してます。代々お産婆家系。年子のため混合栄養で大きくなりました。妊娠中のプレママさん、母乳育児、子育て中のお母様とお子様を心から応援しています!※ブログでの育児相談には対応していません。

フリーエリア

「桶谷式」について

詳しくはこちらをご覧下さい↓

FC2カウンター

ご訪問ありがとうございます

妊娠中から準備する方へ!

ブログ内検索

お探しの言葉を入力して下さい! ※検索ワードは1個ずつお願いします。

カテゴリー

最新コメント

お買い物

ベビー、キッズ、マタニティー商品を集めてみました。

お勧めグッツ

月の様子

Live Moon ブログパーツ
Special Thanks to 注文住宅

フリーエリア

岡井崇著 「デザイナーベイビー」

2012.02.23 08:23|書籍・映画
 

久しぶりに推理小説を読みました。「ノーフォールト」の岡井崇Dr.2作目です。「ノーフォールト」は、テレビで藤原紀香が主演してた「ギネ」の原作ね。

「デザイナーベイビー」とは、卵子や精子を選りすぐって、親の理想とする知力や体力、外見を持たせた子どもの総称です。本の中には、受精卵や胎児に遺伝子診断・治療を施して、病気や障害を持つ子どもを生まれてくる前に治療しちゃおうっていう研究をしている医師がチラッと登場します。

将来的にこういうことも可能になれば、こうして産まれてくる子ども達も含めて、「デザイナーベイビー」になるわけですよね。倫理的にも法的にもとっても問題が大きいけど、近い将来、技術的には決して不可能な話ではないんだろうな・・・怖いな。
 
実際にegg donation (卵子提供)なんかは、海外では合法的に行われている国もあるから、日本人の不妊カップルが渡航して、治療して帰ってくるという話は最近聞きますもんね。

でっ、このデザイナーベイビーに絡んでの話なんだけど、大学病院の産婦人科病棟で新生児が誘拐されたり、看護師が医療ミスに見せ掛けて妊婦を殺害したり・・・。次々に事件が起きてありえない展開な所もあったけど、トータルとしては面白かったです。結構分厚い本なんだけど、アッと言う間に読み終えました。

 更新の励みのワンクリック↑お願いします。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント