07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

 か す み

Author: か す み
かすみです。明石市在住、助産師してます。代々お産婆家系。年子のため混合栄養で大きくなりました。妊娠中のプレママさん、母乳育児、子育て中のお母様とお子様を心から応援しています!※ブログでの育児相談には対応していません。

フリーエリア

「桶谷式」について

詳しくはこちらをご覧下さい↓

FC2カウンター

ご訪問ありがとうございます

妊娠中から準備する方へ!

ブログ内検索

お探しの言葉を入力して下さい! ※検索ワードは1個ずつお願いします。

カテゴリー

最新コメント

お買い物

ベビー、キッズ、マタニティー商品を集めてみました。

お勧めグッツ

月の様子

Live Moon ブログパーツ
Special Thanks to 注文住宅

フリーエリア

共同通信社 「ポリオ生ワクチン接種を 厚労省が注意喚起」

2011.10.04 20:35|予防接種
先日、地域で母子保健やってる保健師の友人とお茶した際に、「この秋のポリオは、接種率低いよね。。。」、「接種控えしようっていう声、結構聞くもんね。。。」、「待ち切れずに自費で不活化ポリオワクチン接種してる子どもちゃんの数、以前より増えてきた気がするね。。。」等など、話しました。

海外では、中国で1999年以来の感染者が確認され、流行の気配があるそうです。パキスタンで蔓延してるウイルスと同型の遺伝子が検出されたとか。厚労省は9月末頃から、中国への旅行者に渡航前のワクチン追加接種を促したりもしています。 

パキスタンに行く人はそうそういないだろうし、行く人はそれなりの覚悟で行くから、渡航前の予防接種一式は当たり前だと思うけど、中国となるとそうはいかなですよね(>_<)

そしてこんな時期に限って日本はこの現状なので・・・ってことで、今日の厚労省大臣の会見。導入は「来年度の終わりごろになる予定」ってことは、未だ1年以上もあるじゃ~ん(>_<)以下は2011年10月4日共同通信社の記事を転記しました。
 


ポリオ(小児まひ)の予防接種に使われる生ワクチンにはリスクがあるとの不安から、安全性の高い不活化ワクチンへの移行まで接種を控える動きがあることを受け、厚生労働省は4日、免疫のない子どもが増えると国内でポリオが流行する恐れがあるとして、生ワクチンを接種するよう注意喚起を始めた。

小宮山洋子厚労相は閣議後の記者会見で「不活化の導入は迅速に取り組んでいるが、来年度の終わりごろになる予定。海外ではポリオの流行が起きている国がある。不活化の導入まで接種を待つことはお勧めできない」と訴えた。

ポリオワクチンは予防接種法で定期接種に位置付けられ、標準的には生後3ヶ月から18ヶ月未満を対象に自治体が集団接種をしている。日本では病原性の低いポリオウイルスを用いた生ワクチンが使われており、ごくまれにワクチンが原因でまひを起こし、手足に運動障害が残る。多くの国はウイルスを不活化処理したワクチンを使っているが、日本では開発中で導入が遅れている。

厚労省は、リーフレットやポリオワクチンに関する情報をホームページに掲載している。
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/polio/index.html
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/polio/index.html

 更新の励みのワンクリック↑お願いします。


スポンサーサイト

コメント

こんにちは(^_-)-☆

不活化ポリオ待ってたのに、そんな遅くになるんですね(>_<)
非公開コメント