09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

 か す み

Author: か す み
かすみです。明石市在住、助産師してます。代々お産婆家系。年子のため混合栄養で大きくなりました。妊娠中のプレママさん、母乳育児、子育て中のお母様とお子様を心から応援しています!※ブログでの育児相談には対応していません。

フリーエリア

「桶谷式」について

詳しくはこちらをご覧下さい↓

FC2カウンター

ご訪問ありがとうございます

妊娠中から準備する方へ!

ブログ内検索

お探しの言葉を入力して下さい! ※検索ワードは1個ずつお願いします。

カテゴリー

最新コメント

お買い物

ベビー、キッズ、マタニティー商品を集めてみました。

お勧めグッツ

月の様子

Live Moon ブログパーツ
Special Thanks to 注文住宅

フリーエリア

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「乳幼児食品に新基準を検討 セシウム汚染で厚労省 母親の不安に配慮」

2011.09.17 00:00|メディア・イベント
以下は2011年9月16日共同通信社の記事を転記しました。

東京電力福島第1原発の事故による放射性セシウムの食品汚染に関連し、厚生労働省が粉ミルクや市販のベビーフードなど「乳幼児用食品」をほかの食品と分け、新たに基準値を設ける方向で検討していることが15日、分かった。

内閣府の食品安全委員会が7月末、「子どもは放射性物質の影響を大人より受けやすい可能性がある」との見解をまとめたことを受けての対応。セシウムの半減期は30年と長く、母親らの不安を払拭するための対策が必要と判断した。

今秋に本格化する暫定基準値の見直し作業と併せ、同省内の審議会の検討課題に盛り込み、専門家らで議論する方針。実現すれば、現在の暫定基準値より厳しい値になるとみられる。

厚労省が原発事故直後の3月17日に定めた放射性セシウムの暫定基準値は「飲料水」「牛乳・乳製品」が1キログラム当たり200ベクレル、「野菜類」「穀類」「肉・卵・魚・その他」が同500ベクレル。粉ミルクは「乳製品」、ベビーフードは「その他」に分類されている。

大人と子どもの区別はないが、厚労省は成人、乳児、幼児それぞれが食べる量などから体内に取り込むセシウムの量を食品群ごとに計算。「最も厳しい数値を共通の基準値にしており、子どもの安全は守られている」としている。だが「子どもは厳しい値で規制してほしい」との要望が強い。

食安委は7月末、被ばく線量の限度を「生涯で100ミリシーベルト」とする見解をまとめている。
 

にほんブログ村 子育てブログ 母乳育児へ

更新の励みに、ワンクリック↑お願いします。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。