07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

 か す み

Author: か す み
かすみです。明石市在住、助産師してます。代々お産婆家系。年子のため混合栄養で大きくなりました。妊娠中のプレママさん、母乳育児、子育て中のお母様とお子様を心から応援しています!※ブログでの育児相談には対応していません。

フリーエリア

「桶谷式」について

詳しくはこちらをご覧下さい↓

FC2カウンター

ご訪問ありがとうございます

妊娠中から準備する方へ!

ブログ内検索

お探しの言葉を入力して下さい! ※検索ワードは1個ずつお願いします。

カテゴリー

最新コメント

お買い物

ベビー、キッズ、マタニティー商品を集めてみました。

お勧めグッツ

月の様子

Live Moon ブログパーツ
Special Thanks to 注文住宅

フリーエリア

2011年・夏 念願の「最後の晩餐」

2011.09.20 03:00|わたくし事

2011年・夏 最後の晩餐①
何年か前にNHKで、「最後の晩餐」の修復に関する特番をしていました。何となくだけど再放送まで視る機会に恵まれて。その時に、『絶対この絵を観に行こう!』、と言う気持ちになったのね。以来、ダ・ヴィンチについて書かれた本をいろいろ読みました。ちょっとフライングして昨夏は「モナリザ」を見に行ってみたりもしました。

2011年・夏 最後の晩餐②
「最後の晩餐」はサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会の、食堂の壁面に直接描き込まれた油絵なんですね。だから当たり前だけど、世界中を巡回したりしないし、ダ・ヴィンチが描いた当初より600年間、ずぅ~とこの場所に在り続けるんですね。1980年に世界遺産に登録されてます。

2011年・夏 最後の晩餐③

ミラノに一泊したのは、わざわざこの絵を観るためだけだったのに。どの人に聞いても「予約しておかないと、当日はチケットなかなか買えないよ!」ってアドバイスしてくれてたのに。日本を出発する直前になって予約し忘れてることに気付き、それでもやっぱり諦め切れないから、駄目元で当日窓口に行ってみると・・・意外や意外、どの時間帯も空いてるとのことで、難なくチケットゲット。結果、予約料の1.5€を節約できました。でもね、滅多に無いことらしいので、やっぱり予約は必須みたいです。

2011年・夏 最後の晩餐④
と言うことで、予約時間のちょっと前になったら、チケット売り場の直ぐ横にあるこの控え室に集まり、時間になると絵のあるお部屋に案内されます。一回に25人。見学時間は15分。

2011年・夏 最後の晩餐⑥
でっ、通されたお部屋は薄暗くって、天井の高い長方形のお部屋でした。「最後の晩餐」はぼんやりした明かりに照らされてました。壁面に描かれてるだけあって、思ってたより大きい!ベンチに座って眺めたり、側に近寄ってみたり、右から左へ移動してみたり、バッチリ満喫できました。最後は名残惜しくって、後退りでお部屋を出ました。『また来れますように!』ってね。


にほんブログ村 子育てブログ 母乳育児へ

更新の励みに、ワンクリック↑お願いします。


  ←画像をクリックすると楽天ブックスに跳びます!

チケットの予約はviva ticketsでしようと思って、事前に調べてたのに・・・
http://www.vivaticket.it/?op=cenacoloVinciano



スポンサーサイト

コメント

楽しみですね

旅は計画の段階から楽しいですね。ヤン様はどちらに行かれるのか。。。楽しみにしてます!

タエサンバさんへ

念願の!!本を読んで・・これが好き!共感できる!
私も「念願の」の旅に向けて準備中!まだどこかは内緒
ミラノ駅のエスカレーターって長くて、早いのよね。忘れられない駅の一つです。
非公開コメント