09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

 か す み

Author: か す み
かすみです。明石市在住、助産師してます。代々お産婆家系。年子のため混合栄養で大きくなりました。妊娠中のプレママさん、母乳育児、子育て中のお母様とお子様を心から応援しています!※ブログでの育児相談には対応していません。

フリーエリア

「桶谷式」について

詳しくはこちらをご覧下さい↓

FC2カウンター

ご訪問ありがとうございます

妊娠中から準備する方へ!

ブログ内検索

お探しの言葉を入力して下さい! ※検索ワードは1個ずつお願いします。

カテゴリー

最新コメント

お買い物

ベビー、キッズ、マタニティー商品を集めてみました。

お勧めグッツ

月の様子

Live Moon ブログパーツ
Special Thanks to 注文住宅

フリーエリア

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おっぱいを止める薬

2011.07.27 08:58|乳房トラブル
2011年7月25日黄色い花 

様々な理由で乳汁分泌を止める必要のある人がいます。内容までは詳しく書きませんが、その際に処方されるのが、「パーロデル」、「テルロン」、「カバサール」、の3種類になります。

かすみが助産師になりたての頃は、「パーロデル」が主に処方されていました。この薬は文献によると、頭痛、吐き気、めまいなどの副作用を伴うことがあります。稀に、低血圧、ショック、心筋梗塞、脳内出血を起こすこともあり、数年前にアメリカで死亡例が報告されて以降、より安全性が高いと言われる「カバサール」が処方されるようになっています。

「パーロデル」や「カバサール」は、本来パーキンソン病治療のために開発された薬です。「テルロン」は高プロラクチン血症といって、不必要に乳汁を分泌する状態に対して、その分泌を止める目的で開発された薬です。

単純に考えれば「テルロン」を選択するのが当然ですが、この薬は1回1錠×1日2回とも服用回数が多いので、飲み忘れたり、面倒臭かったりで、結構扱いが大変でした。「カバサール」を産科領域で使用する場合は、1週間に1錠で良いので、この薬を始めて患者さんに手渡した時は、『おぉぉ~!』と感心しましたね。

最近お母さんから相談を受けてお伺いする薬の名前は、殆どが「カバサール」ですが、時々「パーロデル」の名前も聞きます。と言うことで、次回に続く。。。


にほんブログ村 子育てブログ 母乳育児へ

更新の励みに、ワンクリック↑お願いします。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。