07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

 か す み

Author: か す み
かすみです。明石市在住、助産師してます。代々お産婆家系。年子のため混合栄養で大きくなりました。妊娠中のプレママさん、母乳育児、子育て中のお母様とお子様を心から応援しています!※ブログでの育児相談には対応していません。

フリーエリア

「桶谷式」について

詳しくはこちらをご覧下さい↓

FC2カウンター

ご訪問ありがとうございます

妊娠中から準備する方へ!

ブログ内検索

お探しの言葉を入力して下さい! ※検索ワードは1個ずつお願いします。

カテゴリー

最新コメント

お買い物

ベビー、キッズ、マタニティー商品を集めてみました。

お勧めグッツ

月の様子

Live Moon ブログパーツ
Special Thanks to 注文住宅

フリーエリア

打撲でおっぱいトラブル

2011.06.28 22:11|乳房トラブル
授乳中の乳房はとっても繊細です。と言うことで、時々遭遇するのは「外傷性の乳房トラブル」です。外傷性の外傷とは・・・

例えば、赤ちゃんの頭突きやパンチ、寝相が悪い子どもに蹴られたり踵落しされたり、というのはメジャーな方で、稀に車の運転中に急ブレーキを踏んだ際、シートベルトが乳房にくい込んだとか、交通事故でハンドルがあたったという方もおられたな。。。あまり巡り会いたくないけど、夫やパートナーによる暴力で、という場合もありますかね。

エステや整体などで、うつ伏せの状態で長時間同一体位でいた直後より、調子が悪くなり始めたと仰る方も時々おられます。打撲とはちょっと違うけど、うつ伏せだと自分の体重で乳房が圧迫されて、循環が悪くなるからでしょうね。同じ理由だと、昔ながらのおんぶ紐も使い方によっては、乳房を圧迫するので注意が必要です。

おっぱいを打撲した瞬間、少しでも「痛っ!」と感じたら、とにかく予防的にクーリングされると良いですよ。キャベツの葉っぱとか、のり湿布とか、ソフト目で構いません。打ち身の時と同じ対処法です。

助産師や自分自身でするおっぱいマッサージや搾乳が激痛なんて、全くもって論外です。

++かすみ母乳育児相談室++


にほんブログ村 子育てブログ 母乳育児へ

首位復活!応援のワンクリック↑お願いします。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント