07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

 か す み

Author: か す み
かすみです。明石市在住、助産師してます。代々お産婆家系。年子のため混合栄養で大きくなりました。妊娠中のプレママさん、母乳育児、子育て中のお母様とお子様を心から応援しています!※ブログでの育児相談には対応していません。

フリーエリア

「桶谷式」について

詳しくはこちらをご覧下さい↓

FC2カウンター

ご訪問ありがとうございます

妊娠中から準備する方へ!

ブログ内検索

お探しの言葉を入力して下さい! ※検索ワードは1個ずつお願いします。

カテゴリー

最新コメント

お買い物

ベビー、キッズ、マタニティー商品を集めてみました。

お勧めグッツ

月の様子

Live Moon ブログパーツ
Special Thanks to 注文住宅

フリーエリア

不活化ポリオワクチンが、いよいよ公的に国内で!

2011.06.21 17:40|予防接種
先進国では圧倒的にメジャーな不活化ポリオワクチン。日本では最近、個人輸入の不活化ワクチンを接種可能な小児科もちらほら増えてきましたね。

生ワクチンなら公費負担で2回。不活化ワクチンなら3回+追加1回の合計4回。

今の所、不活化を選択されたご家族は、全額自己負担 & 自己責任で接種されておられます。「不活化」の方が「生」より副反応は少ないと言われてはいても、『輸入ワクチンで、もし何か起こったらどうしよう・・・』という不安は拭えません。

そんな不活化ワクチンが、いよいよ公的に認可されようとしています。三種混合(ジフテリア、百日咳、破傷風)と不活化ポリオを一度に接種できる4種混合ワクチンだそうです。

不活化ポリオワクチンが認可される以前に三種混合ワクチンを接種した赤ちゃんはどうなるのか?、そこまでポリオを接種せずに待っていても、同じように公費でポリオ単独のワクチンを接種してもらえるのか?etc. 移行期はちょっとややこしそうですが、何はともあれ前向きなニュースですね。

以下は2011年5月26日、共同通信の記事を転記しました。


不活化ポリオ 来年度にも 厚労省が国内導入見通し

厚生労働省は26日、ポリオ(小児まひ)の予防接種について、接種したワクチンによる感染の心配がない「不活化ワクチン」が早ければ2012年度にも国内で使えるとの見通しを同省の予防接種部会で示した。

日本では現在、生きたウイルスの毒性を弱めた「生ワクチン」が使われている。このウイルスによる感染は後を絶たず、2001年度からの10年間で接種による患者が15人、二次感染が6人発生を。不活化ワクチンの早期導入が求められている。

国内4社が、ジフテリア、百日ぜき、破傷風の3種混合と不活化ポリオを一度に接種できるワクチンの開発を進めており、年末には製造販売の承認申請が出る見通し。厚労省はできる限り迅速に審査するとしている。

++かすみ母乳育児相談室++


にほんブログ村 子育てブログ 母乳育児へ

更新の励みに、ワンクリック↑お願いします。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント